読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九尾杯4-3(49位) 有名な組み合わせ並べただけ構築

どうもPONTAです。

2015年7月の九尾杯チャレンジャーズリーグに参加したので、そのときの使用構築を紹介します。

f:id:pontapokemon:20150713161939g:plainf:id:pontapokemon:20150713162031g:plainf:id:pontapokemon:20150713161913g:plainf:id:pontapokemon:20150713162008g:plainf:id:pontapokemon:20150601183138g:plainf:id:pontapokemon:20150713162042g:plain

パーティ詳細

ラティオス@拘り眼鏡 臆病

実数値 156-X-98-182-127-178(非理想個体)

技構成 流星群 サイコショック 波乗り トリック

説明することが特にない普通の眼鏡ラティオス。役割は単純で有利対面で流星群を撃ち後続に負担をかけていく。トリックは後続の耐久ポケモンの交換読みに使えると思い採用。Dの個体値妥協しなかったら、C無振りメガゲンガーシャドーボール耐える確率が上がる(25%→12.5%になる)ので妥協したことに後悔してます;;(実際HSメガゲンガーらしきメガゲンガーシャドーボール撃たれ、吹き飛びました。)

ハッサム@拘り鉢巻 意地っ張り

実数値 175-200-121-X-102-86

技構成 バレットパンチ 叩き落とす 蜻蛉返り 馬鹿力

これも説明することが特にない普通の鉢巻ハッサムラティオスの相棒として採用。役割は蜻蛉返りで相手に負担をかけつつ、サイクルを回す。僕自身鉢巻ハッサムはこの技構成が一番良いと思っています。馬鹿力を他の技に変えようとも思ったが、バシャーモを選出しないときでも、鋼とノーマルタイプに抜群とるために必要と感じたので採用。このパーティは催眠対策がまったくないので、持ち物はラムの実の方が良かった。

ライコウ@気合の襷 臆病

実数値 165-X-95-167-120-183(非理想個体)

技構成 10万ボルト シャドーボール めざ氷 瞑想

このパーティの地雷枠兼MVP。他の方のブログを見たときに強そうと思い、採用。ガブリアスと対面した際、安心して居座れることが本当に強かった。瞑想は耐久ボルトロスと対面した際に起点にするために採用したが、実際積む機会が少なく、この枠は電磁波の方が強いかもしれません。サイクル回すならボルトチェンジの方がいいかもしれませんが、水タイプに居座りたかったので今回は10万ボルトを採用。

霊獣ランドロスゴツゴツメット 腕白

実数値 191-170-154-X-99-114(非理想個体)

技構成 地震 岩石封じ 蜻蛉返り ステルスロック

ライコウの相棒兼このパーティ唯一の物理受けポケモン。物理を受けつつサイクルを回したいと思い、採用。役割は相手のバシャーモガルーラに後出しすること。(ただし、両刀型もいるので安易に後出しはできません。)

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病

実数値 165-X-82-151-96-178  (メガ進化前)

    165-X-102-191-116-200 (メガ進化後)

技構成 シャドーボール ヘドロ爆弾 挑発 道連れ

黄泉の国への案内人。(厨二病患ってるので、気にしないでください。)。どうしてもパーティで重いポケモンを無理矢理道連れで処理したいのとフェアリータイプが重いため採用。役割は上記の通りです。挑発の枠は鬼火と最後まで悩んだが道連れの成功率を上げるために挑発の方を選んだ。

バシャーモ@バシャーモナイト 意地っ張り

実数値 155-189-90-X-91-132  (メガ進化前)

    155-233-100-X-101-152 (メガ進化後)

技構成 馬鹿力 岩雪崩 フレアドライブ 守る

ASメガバシャーモ。パーティに格闘と炎の枠が欲しかったので採用。Sはメガバシャーモミラー意識で準速。岩雪崩はウルガマンダ意識と三割の勝ち筋がつくれるので、採用。言うまでもないがメガすることで耐久が上がるので、サイクルにも参加できるし、高速高火力で使いやすかった。物理受けは無理;;。

基本選出

ラティオス ハッサム  @1

ライコウ  ランドロス @1

感想

このパーティをつくった経緯はラティハッサムを使いたいと思ったところから始まりました。じゃあ、ラティハッサム使うならサイクル回しやすいパーティにしようと考え、トンボルチェンできる有名な組み合わせのライコウランドを適当に突っ込み、@2をサイクルで使えるメガポケモンを加え完成しました。ただ、ライコウボルトチェンジがなかったので、ちょっと脱線しちゃったかなと思ってます。それでも、十分サイクルは回せました。

結果はタイトルどおり4-3でオポネントの差で惜しくもマスター出場権を逃しました。一時は4-1となり、これはいけると思ったがそこからまさかの2連敗でとても悔しい思いをしました。4-3でそこそこ良い成績だと思いますが、この三敗は全て初手のポケモンに三タテされる恥ずかしい負け方をしました;;。ただ、そのうちの一敗はレパルガッサと構築的に無理(催眠対策0)なので、仕方ありませんがあとの二敗に関してはBVで確認した結果選出は間違っておらず、こちらの立ち回りが甘かったのが原因であった。この二敗をした対戦者はどちらも6-1でマスター出場権を獲得しており、構築力立ち回り選出等でレベルが高く、まだまだ自分はそのレベルではなかったと痛感しました。

今後の目標としては、九尾杯マスター出場権獲得とシングルレート2000超えを目指して頑張っていこうと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。