読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングル厨 ガルーラブロック6-3(4位) PONTA式対面構築レボルトラプラス

どうもPONTAです!
今回は第32回シングル厨のつどいに参加したのでその使用構築と対戦オフレポについて書きます。
結果は予選ガルーラブロック6-3(4位)その後行われたミドルリーグトーナメント一回戦敗けという残念な結果に終わりました。今回使った構築はS11で使ったこちらの構築を改良したものです。

http://pontapokemon.hatenablog.com/entry/2015/09/15/130523

パーティは下の並びです。S11と同じポケモンは上のURLと型が変わってないため、今回は変更したポケモンのみ紹介します!

f:id:pontapokemon:20150915101556g:plainf:id:pontapokemon:20151207113636g:plainf:id:pontapokemon:20150915101546g:plainf:id:pontapokemon:20151117040740g:plainf:id:pontapokemon:20150915101613g:plainf:id:pontapokemon:20150915101641g:plain

サーナイト@サーナイトナイト 控えめ
実数値 メガ前 175-x-85-166-135-127
    メガ後 175-x-85-210-155-147
技構成 ハイパーボイス/サイコショック/きあいだま/挑発
今回ガルーラとともに構築に入れたかったポケモン。今オフの大戦犯。最近、オフ会でオニゴーリが活躍することがよくあったのでオニゴーリ対策のために採用。また、S11のとき鉢巻逆鱗がよく撃たれて受けきれなかったため少しでも逆鱗を牽制させる意図もある。挑発は耐久型ポケモンの補助技を封じるため採用。範囲は広いもののハイパーボイス+きあいだまヒードランナットレイが落ちないと火力がやや足りない。

調整先
H-努力値252振り
C-余り
S-メガ後最速81属抜き

バシャーモ@気合の襷 うっかりや
実数値 155-161-90-178-81-112
技構成 馬鹿力/火炎放射/鬼火/守る
今回の構築で一番最後に入ったポケモン。S11ではエンテイだったが、火ロトムファイアローの減少により必要ないと思い、S11の構築では重かったポリゴン2クチートバンギラスに強いため採用。火炎放射・馬鹿力は襷では安定性が必要だと感じ採用。残りはめざ氷でもいいが、全体的に物理高火力に弱いため、物理ダメージを半減させるため鬼火にした。

調整先
A-H4振りメガガルーラが馬鹿力で確1
C-H252メガクチートが火炎放射で確1
S-1加速で最速100属抜き

選出率
ガルーラ 1/10
サーナイト 4/10
クレセリア 4/10
バシャーモ 6/10
霊獣ボルトロス 9/10
ラプラス 6/10

総括
今回は最近オニゴーリ入りが結果出しているため、その人に絶対負けないようガルーラサーナイトから構築が始まった。ガルーラサーナイトが重いバシャーモを止めるためクレセリアが入り、残りの3体をひたすらレートで潜り探した。しかし、サーナイトがまったく選出できていないことに気付いた。そこで残り3匹をサーナイトが重いポケモンを処理できるポケモンを探した結果この並びになりました。実際当日動かしてみて動かしやすくそれなりに完成度は高かった。

感想
今回初めて関東の大規模なオフ会に参加してみて、今までツイッターSkypeでしか関わってなかった人に挨拶できて良かったです。(挨拶できなかった方は本当に申し訳ありませんm(__)m)今回オフでもっとも痛感したことはオフではレートと違い安定性よりその日強い人(実力だけでなく運)が勝つんだということです。負けた試合内容を振り返った結果ミスで負けた試合もありますが明らかにこちらの運がなくて負けた試合もあったし、逆に運が良くて勝った試合もありましたので、その日の運が大事だとよくわかりました。今オフでの予選落ちは悔しいですが純粋にポケモンというゲームを楽しめただけ良かったです。ただ、次回のオフでは勝てる試合展開になったときにプレミをしない実力と運を身につけて予選突破したいと思います!

シングル厨運営の皆様と絡んでくれた皆様本当にありがとうございましたm(__)m

最後まで読んでくださりありがとうございました。

おまけに対戦オフレポを載せてくおくので、興味のある方は是非読んでください。

対戦オフレポ

第一戦 対ラミィさん ×

相手 ガルーラカバルドンバシャーモ化身ボルトロスマリルリゲンガー

相手選出 ◯バシャーモマリルリガルーラ
自分選出 ◯霊獣ボルトロスクレセリアラプラス
※◯は先発

こちらの構築にバシャーモマリルリの通りが良いためそれらに厚くするような選出をした。初手で相手がメガ進化しなかったので、襷と判断。ボルトチェンジクレセリアを出す。クレセリアで突破後相手のマリルリが出たので、腹太鼓型と判断しラプラスの圏内にいれるため、サイコキネシスとゴツメで削り退場。相手のHPは赤ゲージでA6段階上昇。ここで相手のマリルリがSにかなり割いてると思い、礫を選択。しかし、耐えられそのまま負けた。あとで聞いたがHAマリルリだった。サイキネのダメージをしっかり計算していれば、このような型読みのミスはなかった。ちなみに礫は低乱数で落ちた模様。

第二戦 対Lさん ◯

相手 エンペルトガブリアスバシャーモメタモンゲンガーゲッコウガ

相手選出 ◯ゲンガーメタモンガブリアス
自分選出 ◯バシャーモラプラスクレセリア
※◯は先発

全体的にバシャーモの通りが良いため先発。残りはきついバシャーモとガフリアス対策にラプラスクレセリアを選択。初手は身代わり残されたくなかったので火炎放射、相手は滅びの歌。次に相手はメガ進化金縛りでこちらの火炎放射を封じるがそれ考慮の鬼火が当たる。次のターンは守り変化なし。滅びラストターンで引っ込むと思い、馬鹿力を選択。レッドカード持ちメタモンが出てきて発動し、ラプラスが出てきて有利になる。バシャーモに変身してるためクレセリアに交代し、相手が馬鹿力を撃ったためゴツメで倒れる。その後ガブリアスが出て来たので礫圏内にいれるためサイキネを選択。相手が逆鱗を撃ちダメージでスカーフだとわかり、月の光連打でガブリアスを処理。その後火傷したゲンガーを倒し勝ち。

第三戦 対ユーシャさん ◯

相手 ガルーラカイリューゲンガーボルトロススイクンエンテイ

相手選出 ◯化身ボルトロスゲンガースイクン
自分選出 ◯霊獣ボルトロスサーナイトラプラス
※◯は先発

ガルーラがかなり重くなるがこちらにガルーラバシャーモがいるためゲンガーが出てくると読みこのような選出をした。初手にこちらはボルトチェンジ、相手はどくどくを選択。ボルトチェンジのダメージと持ち物発動により残飯HD型であることがわかる。ボルトチェンジからサーナイトを出す。サーナイトに毒入っても痛くないと考えこちらはメガ進化ハイパーボイス。相手はゲンガーを後出し。ここで相手のゲンガーは祟り目を持ってると思ったがサーナイトに祟り目はリスクがあると思い、霊獣ボルトロスに引く相手はヘドロ爆弾。霊獣ボルトロスが耐え、次のターンのボルトチェンジメガゲンガーが落ちる。これが決定打となり勝利。勝ったとはいえ、サーナイトが臆病CSメガゲンガーのヘドロ爆弾を確定で耐えるため交代はプレミであったと後で知る。

第四戦 対おじぃさん ×

相手 ガルーラガブリアスゲンガーバシャーモ化身ボルトロススイクン

相手選出 ◯ガブリアスゲンガーバシャーモ
自分選出 ◯サーナイト霊獣ボルトロスクレセリア
※◯は先発

サーナイトの通りが良いので選出。残りは相手の構築に幅広く対応できる霊獣ボルトロスクレセリアを選出。初手は鉢巻地震以外は耐えるのでメガ進化ハイパーボイスを選択。相手はゲンガーに引く。次に相手のゲンガーにヘドロ爆弾を急所に当てられ一発で落ちる。これが決定打となり負けた。急所当たらなければ選出的にかなり有利だったため悔しかった。

第五戦 対那岐さん ◯

相手 サザンドラメタグロスクレセリアマリルリゲンガー化身ボルトロス

相手選出 ◯サザンドラメタグロスクレセリア
自分選出 ◯バシャーモラプラス霊獣ボルトロス
※◯は先発

相手のパーティに一番通りの良いバシャーモを先発。残りは技の通りが良いクレセリアを見るためのラプラスと化身ボルトロスを見るための霊獣ボルトロスを選択。初手はS負けてるため守り、相手は流星群。相手の道具を確かめるのとクレセリア交代を考慮して火炎放射。クレセリアに引き、火傷をしたため有利になる。次に月の光読みラプラス交代。相手は月の光。絶対零度読み交代考慮に波乗りを撃つ。相手はメタグロスに交代。アームハンマーを考慮し霊獣ボルトロスに交代。相手はメガ進化アームハンマー。このようにタイプ相性を利用し、サイクルを回すことで相手のメタグロスの技が全て判明。途中クレセリアの月光乱舞でメタグロスは回復する。クレセリアが居なくなったことで不要なラプラスを捨て残りで削って勝ち。(このとき相手が深読みしたため楽に勝てた。)

第六戦 対椛さん ×

相手 バシャーモサーナイト霊獣ランドロスサンダーナットレイスイクン

相手選出 ◯サーナイトナットレイスイクン
自分選出 ◯サーナイト霊獣ボルトロスクレセリア
※◯は先発

サーナイトの通りが良かったので先発。残りはスイクンサンダーナットレイ対策の霊獣ボルトロスバシャーモ対策のクレセリアを選択。初手はお互いメガ進化ハイパーボイス。こちらはそのままハイパーボイス。Sがこちらが速いため相手はナットレイに引っ込む。次に相手の残りがガルーラクレセリアの並びがきついためスイクンと予想し、霊獣ボルトロスの圏内に入れるためきあいだまを選択。しかし、外して宿り木の種が当たる。これで霊獣ボルトロスの圏外になったので、霊獣ボルトロスに交代。また宿り木の種が当たる。裏スイクン一点読みで行動しないと勝てないので、クレセリアの月光乱舞でサーナイトを復活させ、きあいだまを当てたもの霊獣ボルトロスの10万ボルト圏外のためそのまま負ける。裏がスイクンだと聞いてきあいだま当てたらほぼ勝てただけに悔しかった。

第七戦 対こばるとさん ◯

相手 ニョロトノキングドラカイリュークチート化身ボルトロスゲンガー

相手選出 ◯化身ボルトロスカイリュークチート
自分選出 ◯霊獣ボルトロスラプラスバシャーモ
※◯は先発

先発はどのポケモンが出ても通りが良い霊獣ボルトロスを選択。残りは雨対策のラプラスクチート対策のバシャーモを選択。初手は10万ボルトを選択。相手はめざ氷を選択。これが急所に当たりお盆が発動しHB振りだとわかる。相手はカイリューに交代。こちらはそのまま10万ボルト。カイリューラプラスで対面で勝てるため、霊獣ボルトロスでそのまま10万ボルト。相手は逆鱗で霊獣ボルトロスを倒す。その後ラプラスを出し礫でカイリューを処理。その後クチートが出てきたが裏のバシャーモで勝てるため身代わり残らないよう波乗り。相手は身代わり。その後ラプラスが突破され、バシャーモを出しクチートを処理。最後はボルトロスに麻痺にさせられたがきちんと動き勝った。

第八戦 対たいやきさん ◯

相手 サザンドラギルガルドビビヨンマリルリマニューラガブリアス

相手選出 ◯マニューラマリルリギルガルド
自分選出 ◯バシャーモ霊獣ボルトロスガルーラ
※◯は先発

先発はマニューラが出てくるのが一番嫌だったため対面で勝てるバシャーモを選択。残りはごり押せそうだったので、霊獣ボルトロスガルーラを選択。初手は猫騙し読み守る。相手は守る読みマリルリ交代。こちらは鬼火を選択しかし外れてじゃれつくが当たる。その後アクアジェット読み。霊獣ボルトロスに交代。アクアジェットが入る。次はボルトチェンジを選択。相手はマリルリ捨てるかのようにアクアジェット。しかしボルトチェンジが耐えられる。その後ガルーラを出し猫騙しでマリルリを処理。その後マニューラが出てきたためいらなくなったバシャーモを捨てる。ここで持ち物が命の珠だとわかる。ガルーラを出す。ラスト一匹はガブリアスと予想し、相手は猫騙し読みで引いて来ると思い、冷凍パンチを選択。(このプレイはプレイングミス。裏がガブリアスなら釣りだししないと勝てないため)しかし出てきたのはギルガルド。その後地震を撃ち、子どもが急所を当て突破。(ダメージ的に急所当たらなければ乱数)。ラスト一匹マニューラ猫騙しを霊獣ボルトロスを捨て回避。こちらはマニューラが陽気だと祈り捨て身タックルを選択。けたぐりをガルーラが耐え勝利。正直、運が良かった。

第九戦 対masaさん ◯

相手 ガルーラガブリアス化身ボルトロスニンフィアクレセリアメタモン

相手選出 ◯クレセリアガルーラガブリアス
自分選出 ◯バシャーモサーナイト霊獣ボルトロス
※◯は先発

サーナイトの通りが良いため選出するためにガルーラが先発で出てくると受けれないため先発はバシャーモを選択。霊獣ボルトロスは化身ボルトロス対策に選択。出し負けたためにサーナイトの引く。相手はサイコキネシスを選択。次に電磁波が一番嫌だったためメガ進化挑発を選択したが、相手はサイコキネシス。次にハイパーボイスを選択し、相手のお盆のみが発動。相手は凍える風。その後クレセリアを突破し、ガブリアスが出てくる。ここで地震読み霊獣ボルトロスに交代。相手は地震を選択。その後めざ氷でガブリアスを処理。ガルーラが出てくる。サーナイトが不要だったためサーナイトを捨てるため後出し。相手はグロウパンチを選択。ハイパーボイスでダメージを稼ぎ、相手はグロウパンチサーナイトを突破。その後バシャーモを出し、一回守る。相手は不意打ち。ここで不意打ちが来ると思い鬼火を選択し当てたが空元気でバシャーモが突破される。その後A4段階上昇火傷のガルーラの不意打ちを霊獣ボルトロスが耐え勝利。

ミドルリーグトーナメント一回戦

対まふゆゆさん ×

相手 ゲンガーボーマンダハピナスナットレイカバルドンマリルリ

相手選出 ◯ゲンガーカバルドンハピナス
自分選出 ◯ラプラス霊獣ボルトロスバシャーモ

ナットレイとゲンガー以外に勝てるラプラスを先発。ボーマンダ対策に霊獣ボルトロスハピナス対策にバシャーモを選択。初手は波乗りを選択。相手はメガ進化して滅びの歌。次に金縛りを避けるためフリーズドライ。相手は守る。次も相手が守り成功。次は滅びの歌ラストターンなので、絶対零度を撃ち交代先のハピナスに当たり試合がわからなくなる。次にこちらは霊獣ボルトロス相手はメガゲンガーを出す。守られて拘ったところをカバルドンに交代される。バシャーモに交代したところ欠伸を撃たれたためバシャーモを捨てぎみに居座り火炎放射。相手は欠伸を選択。バシャーモが眠ったところで怠けるをすると思い、霊獣ボルトロスに交代。相手は怠ける。めざ氷を撃つが欠伸を当てられる。その後カバルドンを突破し、バシャーモと霊獣ボルトロスが最速起きすることを願ったが起きずメガゲンガーで処理され負ける。選出段階や初手で滅びゲンガーを考慮していなかったのが敗因。

以上で対戦オフレポは終わりです。