読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からりん杯チーム総合3位(個人6‐1) GIドッヂボール愛好者の会大将ゴレイヌの構築

どうもPONTAです。チーム GIドッヂボール愛好者の会 大将としてカラーさん(@collar_erpk_)とりんどーさん(@lindopoke )主催のチーム戦大会 からりん杯に参加しました。そして、チーム総合3位(個人6-1)という素晴らしい結果を残したので記念に構築を紹介しようと思います。

f:id:pontapokemon:20151019110452p:plain

パーティ詳細

f:id:pontapokemon:20150601183704g:plainf:id:pontapokemon:20151019111610g:plainf:id:pontapokemon:20150915101613g:plainf:id:pontapokemon:20150713162008g:plainf:id:pontapokemon:20150601183303g:plainf:id:pontapokemon:20150915101631g:plain

クチート@クチートナイト 意地っ張り
実数値 155-150-105-x-75-73(メガ進化前)
    155-172-145-x-115-73(メガ進化後)
技構成 じゃれつく/叩き落とす/不意打ち/剣の舞
とにかく使ってみたかった可愛くて、強いメガ進化ポケモン。Sはカバ意識で20振りしてます。技構成もこれが一番使いやすいしいいと思うが時々ストーンエッジが欲しいとも感じました。

ブルンゲル@オボンの実 図太い
実数値 207-x-134-105-126-80
技構成 波乗り/鬼火/自己再生/トリックルーム
クチートのサポートかつガルーラバシャーモのストッパー。正直、トリックルームはおまけでガルーラバシャーモを止めるために採用。努力値はHBぶっぱ残りD。ここまでBはいらないと思うので、CDに振っても良いと思う。

霊獣ボルトロス@拘りスカーフ 控えめ
実数値 155-x-114-211-100-134(理想個体)
技構成 気合玉/めざめるパワー氷/ボルトチェンジ/10万ボルト
今大会気合玉を全て当てる最凶のデッドボーラー。選出率トップのパーティMVP。あらゆる型のファイアローボーマンダ対策のため採用。スカーフにした理由はボーマンダとゲンガーを上から攻撃したいため。詳細はS11の構築記事を見てください。

霊獣ランドロス@ゴツゴツメット 腕白
実数値 191-170-154-x-99-114(非理想個体)
技構成 地震/蜻蛉返り/岩石封じ/剣の舞
ブルンゲルではきついクチートガブリアス(鉢巻は厳しい)に後出しするため採用。カバルドンと悩みましたが僕がサイクル戦をしたかったこともあり、ランドロスにした。剣の舞は耐久型に対して突破不可能になるのが嫌だったので採用。構築を改良するならこの枠を先に見直すべきと感じました。
主な調整
A-ゴツメダメ込みガブリアス地震確2(ゴツメなしは中乱2)
   ゴツメダメ込みH252メガクチート地震確1(ゴツメなしは確2)
HB-威嚇込みA特化メガバシャーモフレアドライブ確3
   威嚇込みA特化メガクチートのじゃれつく確3
   威嚇込みA特化鉢巻ガブリアス逆鱗乱2(59%)
S-最速マリルリ抜き抜き。

ジャローダ@たべのこし 臆病
実数値 161-x-121-98-129-181
技構成 リーフストーム/蛇睨み/身代わり/宿り木の種
受けループへの対策とパーティ全体で重いカバルドンロトムスイクン対策で採用。とあるブログの調整を真似しました。有利対面を作れたときのはめ性能は強い。個人的には状態異常入れられて機能停止したくないのでラムの実もありです。Aの個体値はタイプ一致イカサマで身代わりが割れないために9以下推奨。
主な調整先
C-耐久無振りキノガッサを確2
HD-C172水ロトムの10万ボルトを身代わりが確定耐え

エンテイ@拘り鉢巻 意地っ張り
実数値 207-183-111-x-101-123(非理想個体)
技構成 聖なる炎/ストーンエッジ/地ならし/寝言
パーティで重い火ロトムやHDファイアローナットレイ対策のため採用。鉢巻にした理由はパーティで重いフシギバナとポリゴン2に対して負担をかけたかったため。こちらの詳細もS11の構築記事を見てください。

選出率
クチート    4/7
ブルンゲル   3/7
霊獣ボルトロス 7/7
霊獣ランドロス 1/7
ジャローダ   3/7
エンテイ    3/7

重いポケモン
サザンドラ(特に珠)
ガブリアス(特に鉢巻)
ヒードラン
フシギバナ
ゲッコウガ
マンムー

おまけ(今大会のベストゲーム)
BV TA9G-WWWW-WW2U-V4J7

総括

結果は6-1ですが、6勝のうち2勝は運勝ちで唯一の負けは僕のプレイングミスで負けたので実質は5-2だと思ってください。
この並びになった経緯は、まずクチートを使いたいと思ったことと僕が大将ということもあり、ガルーラバシャーモクチートあたりが多いと思い、それらをメタった結果です。
この構築は二日前に出来た構築なので、試運転回数が少なく重いポケモンから見てわかるようにそこまで強くないと思います。ただ使ってみて、構築の穴を選出・プレイングでカバーできるので、可能性は感じました。今後はもう少しこの構築をつめてより完成度を高めるつもりです。

感想

今回初めてチーム戦の大会に参加しました。チーム戦は個人戦と違いチームで盛り上がったり、勝つ喜びを共に分かち合うことができ、とても楽しかったです。だから、また機会があればチーム戦に参加したいと思いました。

チームメイトのRx420さん マクミランさん 僕の誘いを受けていただきありがとうございました。

運営のカラーさん りんどーさん 大規模なチーム戦の大会を開いたことと2人という少ないなか素晴らしい運営をしていただきありがとうございました。

今後は、今期レート2000達成と冬に開催されるシングル厨(参加予定)に向けて頑張ります。

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。